ジオ・フェスティバル in KUSHIRO

わくわく!どきどき! 地球の不思議の観察・実験 
   ジオとは・・「地球の」という意味です
2018年1月7日(日) 会場 釧路市こども遊学館    
2017年1月10日の様子はこちらここをおす


第6回のポスター

ジオフェス資料
第7回  ジオ・フェスティバル in Kusihro 要項 要項はこちら
(PDF)
第7回 ジオ・フェスティバル
 in Kusihro
ポスター
ポスターはこちら
(PDF)
第7回   ジオ・フェステイバル in Kushiro 申込み用紙 用紙はこちら
(PDF)
申込用紙はこちら(Word) 第7回  ジオ・フェスティバル
 in Kusihro
ちらし
ちらしはこちら
(PDF)
小学校向け

実験の一覧表
ジオ・フェスティバル 実行委員会 規約 規約はこちら
(PDF
第7回  ジオ・フェスティバル
 in Kusihro

研究発表
(一覧)
一覧はこちら
(PDF) 
第7回  ジオ・フェスティバル in Kusihro プレ・リリース 第7回  ジオ・フェスティバル 
in Kusihro

会場図
会場図はこちら
(PDF)
1階
3階
4階
ジオ・講演 ちらしはこちら
(PDF)
※右クリック「対象をファイルに保存」でダウンロードして下さい


2017年度の ジオ・トレイン は 運行がありません

また、いつか、ジオ・トレイン 釧網本線が走る日を夢見て!
2014年 ジオ・トレインが走りました
                     2014年 11月9日(月)
釧網本線は、沿線の自然資源を開発するために敷設されました。北海道3番目の鉄道であった釧網本線の前身「釧路鉄道」の目的は、硫黄を輸送することでした。資源に恵まれた場所は、美しい景観や温泉、多くの観光資源にも恵まれた場所でもあります。湿原に川、美しい山々、温泉、湧泉、そして海…日本で有数の「ジオ(地球)」を感じることができる路線です。
 この「釧網本線」にジオトレイン(キハ54型・キハ40型(朱色)2両)が釧路−川湯温泉、(キハ54型)1両が網走−摩周間に走りました。 車窓から地球の歴史と恵みを考える。北海道大学名誉教授 岡田弘さんが同行し、火山やジオパークのレクチャーもおこなわれました。
ジオ・トレイン(摩周で会いましゅう号) の 思い出

問い合わせ  mail dotonet@kodomoyugakukan.jp   電話 0154−32−0122 (FAX 32−2033)